私は大衆のために実践的なことをしている-アモイ金鹿第四党支部のテーマ実践とボランティア活動

リリース時間:2022-08-14 09:52


6月22日と23日、アモイ金鷺第四党支部の同志たちは、支部書記・劉英英と各支部委員会の指導の下、2日連続で同安工場区と吉美工場区で「私は大衆のために実践する」というテーマの実践を行った。ボランティア活動。

 

 

6月の炎天下、暑さに圧倒されたが、第四支部の党員と有志は「私は大衆のために実務を行う」という意気込みに溢れ、同安設備部の機械電気棟でマンホールの蓋や路傍の石に警告のペンキを塗ったり、自明工作室で品質管理の平面研削盤の清掃と洗浄を行った。

 

 

センターレス研削盤の分解と洗浄の経験があったため、潔明の党員と同志たちは、第三グループリーダーの陳美樹の指導と計らいの下、素早く保護具を身につけ、袖をまくって乾き始め、部品を分解し、研削盤を磨き、タングステンの泥をかき出した。泥を掘る...」。特に衛生的に死角になっている部分や、タングステンの泥が長い間溜まっている部分は、スコップ、ドライバー、鉄筆、寸分違わず掘る、擦る、磨くなど、様々な道具を駆使して、全員が丁寧に根気よく隅々まで掃除をする。みんなの力を合わせて、品質管理部の2台の平面研削盤設備のすべての部品がきれいになり、元の輝きを取り戻した。

 

 

文化体育委員会の黄全登委員の指導の下で、同安の党員と同志が積極的に道具を持ち寄って、同安工場の設備部門内の花壇、雑草の清掃、花壇の刈り込み、路傍の石の清掃を行った。ボランティア活動は日常生活に溶け込み、実施された。

このテーマの実践とボランティア活動は、集団と専門家の形で大衆に深く現場で奉仕し、「心をこめて人民に奉仕する」という目的を具体的な仕事に実行し、党組織の戦闘効果と団結力を高めた。