党史教育が前進のための成長と組織生活を促進する--第九党支部を想起する 党史学習と教育 党教室と特別組織生活集会

リリース時間:2022-06-28 14:27


8月19日、アモイ金鷺第九党支部は同安工場で党員会議を開催した。会議は第九党支部書記の王明生同志が主宰した。会議は二つの部分に分けられた。1つは党創立100周年記念の党史学習と教育、もう1つは党集団の党史学習と教育特別組織生活会を行うことで、29人の党員と党活動家が参加した。

 

 

 

まず、会社の党委員である厳国洪同志が「党史を学び、初心を忘れず、使命を担い、貢献する」をテーマとする党クラス学習を皆さんにお届けした。党史学習と教育を発展させるポイント、つまり「六つの更なるステップ」をどのように深く把握し、中国共産党の百年の輝かしい歩みと歴史的な貢献の瞬間を皆さんと一緒に再確認し、党史学習と教育は現在から学ぶ歴史に基づき、政治指導を行うことを説いた。人々を教育する 最後に、彼は皆がそれぞれの立場で貢献する典型的な事例を紹介し、「聞け、習総書記は闘争を語る」のテーマビデオを合金事業の最近の発展と党支部建設と組み合わせて流し、大多数の党員に地道で、良心的で、積極的に合金事業第一部の建設に貢献するために努力することを鼓舞し、皆に多くの利益をもたらした。

 

 

 

続いて、王書記は党支部を代表して、この半年間の党支部の活動、特に党史学習・教育の実施状況を報告した。一連の党史をテーマとする学習活動を行うことで、習近平総書記の福建省での重要演説の精神や習近平視察の精神などを重要な学習とした。中国共産党創立100周年祝賀会での総書記の演説は、党員と党支部の同志の政治理論レベルをさらに向上させた。同時に、党支部が検討すべき課題と今後の努力の方向性も提起した。

 

 

 

最後に、分会は党史研究と教育に関する特別な組織・生活会議を開いた。党員一人ひとりが自分の欠落や不足を見直し、批判と自己批判を行い、他の党員からの批判を謙虚に受け止めた。これは、党員集団の共通の進歩と成長を促進するために、広範な意義を持つものである。

 

 

 

党史を学び、初志を貫徹し、使命を担い、貢献する」という党講座の学習と、「党史を学び、思想を理解し、実践し、新しい情勢を切り開く」という党史学習・教育の特別組織・生活会を通じて、大多数の党員と同志に党史学習・教育への理解を深めてもらう。党組織と党員の問題を分析することで、将来の新しい方向を指し示す。第九期党支部は、引き続き大多数の党員を率いて、「四つの意識」を強化し、「四つの自信」を堅持し、「二つの維持」を実現し、合金事業第一の発展のために奮闘する。

 

テキスト 第九党支部のチャン・ファン

写真 第九党支部の鄭華彬と張娟

レビュー 第九党支部 王明生