アモイ金鷺第五党支部の党の日の活動を思い出し、党の歴史と愛国心に思いを馳せる。

リリース時間:2022-06-28 14:27


党史学習と教育をさらに強化し、党員の努力を結集するため、第五党支部は8月21日午前、党員と党活動家を組織して、思明区の「5・25」脱獄闘争の旧跡を訪れ、党史学習をテーマとする党の日活動を行った。

 

 

 

この旧跡は200年以上の歴史がある。清朝乾隆年間、アモイ沿岸警備隊同志局の監獄だった。1912年に思明県監獄となった。1930年代初頭、わずか60平方メートル余りの2つの独房に40人以上の革命同志が収容された。中国共産党福建省党委員会とアモイ党組織は、全面的な調査と周到な配置の後、わずか10分で破獄作業を完了し、閉じ込められた同志の救出に成功した。この脱獄作戦は敵の横暴に大打撃を与え、わが党と軍の勢いを強めた。

 

 

 

 

解説員の案内で、全員が展示室、取調室、刑務所などを見学した。そびえ立つ壁、獰猛な有刺鉄線、暗くて長い牢屋、虎の便器、指クリップなどの拷問器具が、ひとつひとつそのセクションを目撃していった。血塗られた革命の歴史。

壊れた刑務所の跡地を訪れることで、党員たちは思想的にも政治的にも深い洗礼を受けた。革命の祖先の模範に倣い、輝かしい革命の伝統を受け継ぎ、継承し、現在の幸福な生活を大切にし、自分の持ち場に立ち、企業の発展と祖国の建設に貢献することを全員が表明した。

 

 

 

その後、全員がリヨン会議室に移動し、第3四半期の党員会議が行われた。会議の議長は支部書記の戴平が務めた。

 

 

 

 

 

会議ではまず、同志ルオ・ウェイファを予定通り正会員にすることについての議論が行われた。

 

 

 

その後、第11回福建省党大会の候補者指名が行われ、組織委員の荘建新氏が周力琴候補と洪樹春候補の経歴を紹介した。

 

 

 

最後に、文化体育委員会の陳培強委員が「党史を学び、思想を理解する」というテーマで党の授業を行い、皆を党史の学習に導いた。二つの短いビデオ「極めて困難な第一歩」と「運命の転換点」を組み合わせて、それぞれ毛沢東同志の景江山時代の「見解体」、三湾適応の実現、遵義会議の円滑な召集の重要な歴史的な出来事を説明した。陳委員は過去と現在について語り、参加した党員たちに、人生がどん底に陥った時、安住の地に引きこもるという選択はできず、いつもより多くのお金を払うべきだと話した。

歴史は最高の教科書だ。歴史は、国家と国の形成と発展、そして興亡の真実の記録である。それは国家と国が落ち着くための基礎である。党員・同志として、党の歴史を研究し続け、党の歴史的経験をさらに総括し、リスクや課題に対処する能力を絶えず向上させなければならない。

 

テキスト 第五党支部・林愛理

写真 第五党支部の葉環傑氏

レビュー 第五党支部大平事務所 楊露英