「働き方を改善し、大衆と密接に接触し続けることに関する中央委員会政治局の8つの規定"

リリース時間:2022-06-28 14:27


(1)調査と研究を向上させるために、草の根レベルに行って実情を深く理解し、経験をまとめ、問題を研究し、困難を解決し、仕事を指導し、大衆から学び、実践から学び、大衆ともっと議論し、幹部ともっと話し、もっと議論し、もっと典型的なモデルを解剖し、困難や矛盾が集中し、大衆の意見が多い場所に行き、形式主義に走らないようにする。絨毯を敷いたり、草花を飾ったり、宴会はしない。

(2)会議活動を合理化し、会議の雰囲気を効果的に改善し、中央政府の名で開催される各種国家会議や主要行事を厳格に管理し、仕事のための一般的な手配を行わず、必要事項を提起する必要がある。例えば、テープカット、定礎活動や祝賀会、記念会議、表彰会議、博覧会、セミナー、各種フォーラムなどである。会議の効果を高め、短い会議を開き、短い話をし、空虚な言葉や決まり文句を避ける。

(3)文書やブリーフィングを簡素化し、文体を効果的に改善する必要がある。中身のない、発行してもしなくてもよい文書やブリーフィングは発行しない。

(4) 訪問活動の標準化を図り、外交業務全般の観点から訪問活動を合理的にアレンジし、訪問に同行する要員を厳格に管理し、移動手段も規定に従って厳格にとる必要がある。

(5) 警備業務を改善し、大衆との接触に資するという原則を堅持し、交通規制を緩和し、一般的に不明確な理由で道路を閉鎖したり、会場を閉鎖したりしないことが必要である。

(6)報道を改善するために、中央委員会政治局の同志は、仕事の必要性、報道価値、社会的効果によって報道するかどうかを決定し、報道の数、字数、時間をさらに減らすべきである。

(7)原稿の出版を厳守すること。中央政府の統一的な取り決めを除き、個人は書籍、演説、祝電、碑文、碑銘を出版しない。

(8)勤勉、倹約を旨とし、清潔政務の関連規定を厳守し、住宅、車両設備などの勤労、生活福利の規定を厳格に履行すること。