長征の道を歩き直し、長征の精神を受け継ぐ - 第一党支部の党の日の活動に思いを馳せる

リリース時間:2022-06-28 14:27


農業革命戦争中、中国労農赤軍の主力は長江の北と南のソビエト地域から避難した。1934年10月、第5次対包囲・鎮圧作戦の失敗後、国民党軍の包囲・追撃から脱するため、中央委員会の主力である紅軍は戦略的転進を実施し、中央根拠地から撤退し、長征に出ざるを得なくなった。

 

 

赤い精神を継承し、党の歴史から前進する知恵と困難を克服する勇気と力を学ぶために、10月26日午前、アモイ金鹿第一党支部は党員と同志を組織して、アモイ市海滄区獅山に行き、「長征を再び歩き、長征の魂を継承する」テーマデイのイベントを行った。党員を率いて祖先の輝かしい業績を思い出し、党の精神教育を強化し、長征の道を復習し、長征の精神を継承し、党員と同志の愛国意識をさらに高め、仕事への熱意を強める。

 

 

包帯を覚える

目的地に到着すると、党員は全員、すぐに赤軍の軍服に着替えた。赤軍の軍服を着ると、支部全体が活気に満ち溢れた。その後、教官の指導の下、党員たちは次の「長征」に備え、簡単な軍事訓練、野営開幕式、野戦救助隊などの一連の活動を学んだ...。

 

 

長征」の出発に先立ち、支部書記の龍奔福が全党員を率いて、党旗に向かって党の宣誓を確認した: 「私は志願して中国共産党に入党し、党の綱領を支持し、党の憲法を遵守し、党員の義務を果たし、党の決定を実行します」......。赤軍の軍服を着て入党の宣誓をする雰囲気は、まるで全党員を革命時代へと導くかのようだ。

 

 

赤い文化回廊を訪ねる

 

 

山を越えて

続いて国旗掲揚式。国旗掲揚式の後、党員と同志たちはきちんとした足取りで長征を再開した。道中、皆は赤い歌を歌い、山を登り、山を登り、革命時代の苦労を感じた。途中、講師は雪山を登ったり、蘆鼎橋を飛んだり、金沙江を渡ったり、草原を渡ったりと、長征にまつわる人気のある話も皆に聞かせた。約2時間の道のりの間、党員と同志たちは「紅色文化回廊、紅革命記念館、民俗博物館」などの紅色教育基地も訪れ、革命期にアモイで起きたあまり知られていない紅色行為についても学んだ。今日の生活の苦労の末の幸福、中国共産党の偉大さを感じる。

年の長征の道ではないが、赤軍の長征精神の苦難を体験した。今回、「党の思想的建設、軍の政治的建設、長征の道の再歩行、長征精神の継承」をテーマに、赤い文化と一体となった活動が行われ、党員と支部の同志の全体的な自覚と責任を培うことができた。同時に、革命期の苦難と赤軍の固い信念をさらに実感し、大多数の同志が苦難に耐え、困難に立ち向かい、困難を恐れない尊い精神を今後の活動でも継承するよう鼓舞した。