党員が率先してゴミ拾い、一番美しい白鷺は私が先に行く lead in picking up garbage, the most beautiful egret I will go first

リリース時間:2022-06-28 14:27


 

党員の前衛的、模範的な役割とボランティア精神をさらに発揮し、清潔で快適な職場環境を作るため、12月7日午後、アモイ金鷺第一党支部は「党員が率先してゴミを拾い、最も美しい白鷺は私が先に行く」というテーマで党の日の活動を開始した。

 

 

 

 

 

午後15時頃、各グループのリーダーは、グループ内の党員を組織し、時間通りに総合ビルに集合させた。簡単なエリア分けと適度な役割分担の後、ある者はゴミ袋を、ある者はほうきを持ち、作業場を美化し始めた。皆、汚れと苦労を恐れない精神を貫き、党員の森と周辺の緑地帯の紙くず、ビニール袋、飲料瓶、タバコの吸殻、雑貨などのゴミを丁寧に拾い集め、同時に枝や雑草もきれいにした。

 

 

 

この活動で、みんなは熱心で精力的で、工場の環境を美化するだけでなく、文明的な行動を提唱し、生態文明の概念を実践した。党員同志は「一行に発言し、行動を見る」を日常生活と仕事に自分の実践行動で実行し、党員の責任感と指導的役割を反映し、「一党員、一旗」の良いイメージを確立した。