アモイ金鷺第八党支部が第十九期中央委員会第六回全体会議の精神勉強会を開催した。

リリース時間:2022-06-28 14:27


12月10日午前、アモイ金鷺第八党支部は同安工場で2021年第四四半期党員大会を開催した。大会は第八党支部書記の林鳳天同志が主宰した。総勢24名の支部同志と党活動家が会議に参加した。中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議の精神を全面的かつ深く理解するため、今回の会議の焦点は林豊田書記が第19期中央委員会第6回全体会議の精神を実行することである。

 

 

会議の冒頭、林豊田同志はまず中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議の基本情勢を紹介し、会議に出席する同志が会議の主要議題と内容をさらに理解できるようにした。その後、第19期中央委員会第6回全体会議の精神について、3つの「ニーズ」、4つの歴史時代、2つの「確立」、13の「総括」、10の「持続」、4つの「必達」から詳しく説明した。同氏は、中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議が党の歴史におけるもう一つの節目であり、重要な歴史的岐路で開催される重大な歴史的意義を持つ会議であると指摘した。同時に、党中央委員会の呼びかけに応じ、全党、全軍、全国各民族の人民は習近平同志を核心とする党中央委員会を中心にさらに緊密に団結し、新時代の中国の特色ある社会主義に関する習近平思想を全面的に実行し、党建設の偉大な精神を力強く前進させるよう、全党員と同志を激励した。そして、昨日の苦難と栄光を忘れず、今日の使命にふさわしく、明日の偉大な夢に生き、歴史を鏡とし、未来を創造し、努力し、勇敢に前進することで、第二百周年の目標を達成し、中華民族の偉大さを実現するよう、皆に呼びかけた。中国の若返りの夢は絶え間なく邁進している。

 

 

 

中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議の精神を学習することを通じて、全党員はさらに全面的かつ徹底的に学習し、理解した。参加した党員は、今後の仕事と生活において、引き続き理想と信念を強化し、赤い遺伝子を継承し、政治的性格を堅持し、勇気をもって行動すると述べた。この仕事において模範的、先導的な役割を果たし、共同で支部の建設を推進し、会社の発展に原動力を与えるように努力し、金鷺の質の高い発展を促進する。