使命を肝に銘じ、ともに大きな夢を築こう--第4四半期の党員会議と第6党支部の党クラス学習を忘れるな

リリース時間:2022-06-28 14:27


 

12月10日、厦門金鷺第六党支部は同安工場で第四四半期党員会議を開催した。会議は第六党支部書記の呉林林同志が主宰した。会議の内容は党員の発展、第19期中央委員会第6回全体会議の精神を学ぶ、「6号モデル」を見るという3つの部分に分けられた。会議には計22人の党員と党活動家が参加した。

会議では、まず王偉峰同志を予備党員として受け入れる問題について話し合った。王偉峰同志は予備党員の関連発展過程を経て、輝かしい予備党員になることに成功した。

 

 

12月10日、厦門金鷺第六党支部は同安工場で第四四半期党員会議を開催した。会議は第六党支部書記の呉林林同志が主宰した。会議の内容は党員の発展、第19期中央委員会第6回全体会議の精神を学ぶ、「6号モデル」を見るという3つの部分に分けられた。会議には計22人の党員と党活動家が参加した。

会議では、まず王偉峰同志を予備党員として受け入れる問題について話し合った。王偉峰同志は予備党員の関連発展過程を経て、輝かしい予備党員になることに成功した。

 

 

最後に、党員全員が「モデル6」を視聴した。典型的な行為の再現、現場でのインタビュー、入党の誓いの再確認などを通じて、番組は8人の模範を打ち出し、中国共産党の確固たる信念、目的の実践、勤勉と献身、正直と誠実の高貴な資質と高尚な精神を生き生きと示した。良い模範は最高の指導であり、良い模範は最高の説得である。模範6」番組を見て、模範から学ぶことが急増した。党員全員が、先進的なものを尊重し、最高のものを見て、時代のロールモデルから学ぶべきだと表明した。そして、会社や社会の発展により大きく貢献する。

会議終了後、参加者は「共産党第19期中央委員会第6回全体会議の精神を指針とし、優秀な共産党員を模範として、政治的責任をさらに強化し、全体会議の精神を実務に統合し、党員の模範と前衛としての役割を十分に発揮し、良い仕事をしっかり行う」と表明した。年末、われわれは重要な仕事に取り組み、進歩的な態度で党の第20回全国代表大会を迎え、中華民族の偉大な若返りに貢献するよう努力する!