初心と使命を忘れず、新たな旅路をともに歩もう--第7回党支部が党員大会と党クラス会を開催

リリース時間:2022-08-14 10:25


6月29日、厦門金鷺第7党支部は同安工場区で第2四半期党員会議と党クラス勉強会を開催した。会議は党支部書記の林良良同志が主宰した。支部のテーマ実践活動は3つの部分に配置されて実施される。

 

   

 

まず、林良良・支部書記が「中国共産党第20回全国代表大会を歓迎し、新たな旅路を切り開く-素晴らしい成果で第20回全国代表大会を迎える」をテーマに、党訓を披露した。新時代の資格を持つ党員として、責任と行動の勇気を持ち、初志を実践し、使命を引き受け、党建設の偉大な精神を積極的に推進しなければならないと述べた。また、新時代と新環境に合わせ、党員の前衛的、模範的な役割をどのように果たすかを共有し、まとめた。

 

   

 

その後、支部は党員の政治的誕生日を祝う会を組織し、林良良支部書記が党員の代表に誕生日カードと赤い手帳を贈った。また、林書記はみんなの先頭に立って党旗に向かい、責任を持って入党の誓いを確認した!

 

 

 

最後に、文化体育委員会の陳其峰委員は、党建設活動をさらに充実させ、党員の使命感と責任感を向上させるため、紅景天の学習、ボランティア活動など、第3四半期の支部のテーマ実践活動の段取りを紹介した。

この党員会議と党クラス学習を通じて、全員が党の第20回全国代表大会に対する理解をさらに深め、党員が初志を忘れず、使命を胸に刻む信念をさらに強めている。新しい時代、新しい環境の中で、第七支部の党員と同志が先駆的、模範的な役割を発揮し、責任を取る勇気を持ち、果敢に行動し、会社の質の高い発展に貢献し、党の第20回全国代表大会に優れた成果を提出することができると信じている。