「党創党100周年、創意工夫30年」シンポジウム——中国タングステン産業の強化に向けて奮闘する

【簡単な説明】 2021年4月25日は、同社の30歳の誕生日です。中国共産党創立100周年、会社創立30周年を盛大に祝うため、会社は特別に「創党100周年、創意工夫30年」をテーマにシンポジウムを開催した。

2021年4月25日は、同社の30歳の誕生日です。中国共産党創立100周年、会社創立30周年を盛大に祝うため、会社は特別に「創党100周年、創意工夫30年」をテーマにシンポジウムを開催した。

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

会議は同社の同安工場で成功裏に開催された。金白鷺入社10周年、20周年、30周年の会社の幹部、各部門の管理者、従業員の代表など90人近くが積極的に参加し、アモイ金白鷺の創始者と先駆者を盛大に招待しました。呉総湖、陳金齢の両氏が出席し、皆がこの重要な瞬間を祝うために集まった。

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

会社副総経理、労働組合委員長鄒建平氏が会議を主宰しました。

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

座談会では、当社の党委員会書記、取締役会主席の呉岐山氏が重要な発言を行った。呉書記は会社を代表して創業者に心からの敬意を表し、金白鷺の30年間の発展に貢献したすべての従業員に心からの感謝を表しました。秘書呉指摘中国共産党建国以来100年前だけに的を絞らず後進顔を根本的に変えました中国の「白人1貧困2」を主導して各民族の人民の光に密輸屋の手に陥たこの道は国内改革开放および建物小康社会に最善をつくす」と述べた。アモイ黄金のシラサギは、党にある。中国の賢明な指導の下で、改革開放の春風の中で設立され、徐々に拡大されてきた。呉書記は次のように強調した。従業員全員が先輩の良い人格を受け継ぎ、一緒に仕事をして、会社の次の30年に貢献できるように努力しなければならない。

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

 

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

創立10周年を迎えた社員を対象にしたリボン贈呈式は、シンポジウムを盛り上げました。表彰式では、「旧社員」が「新入社員」を表彰する形式が採用されました。創立20周年記念社員代表による表彰式と、創立10周年記念社員代表による表彰式が行われました。最後に、呉重虎さんと陳金玲さんが30周年以上の入社者にベルトを手渡しました。これは会社の精神が脈々と受け継がれていることを象徴すると同時に、金白鷺の先輩たちが新世代に対する最高の希望と期待を表している。

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

 

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

各事業部門の社長も10年以上、各事業部門の社員代表に記念バッジを授与した。

無料スピーチ会では、先輩、会社の幹部、新入社員の代表が熱心に発言し、自分の見識を語り、金白鷺と一緒に自分の話を語り、会社の将来の発展のために貴重な意見と提案を提出しました。

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

 

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

創業初期には、誰もが必ず「会社の小ささ」に言及していました。取材の途中、工場を見つけられなかったり、工場全体の人員が100人にも満たなかったり、指導者たちがいつも節水と節電を呼びかけたり。しかし、このような「小さい」こそ、今日の会社の「大きい」を反映し、金白鷺の30年間の堅実な足跡を反映している。

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

会議期間中、私たちの子会社(ブラジル金鹿、タイ金鹿、日本金鹿、ドイツ金鹿、台北金鹿、鵬鹿会社、広東友鹿)と兄弟会社(九江金鹿、洛陽金鷺祝福ビデオ、創雲静志)。

参加者は、子会社の活発な発展を見て、国内外の従業員と兄弟会社のわが社に対する真摯な願いを聞いて、会社の持続的な成長を感じて、誇りを感じました。

続いて、江濤総経理が「過去を振り返り、将来に期待する」とのスピーチを行いました。江氏は、会社の30年の発展の歴史、輝かしい業績と貴重な経験を総括し、新しく覚えたエントリストーリーを共有し、初心を忘れず、使命を忘れず、再包装し、再出発するという勇敢な精神を表しました。今後の質の高い開発に強い自信を持っています。

最後に呉岐山書記が総括演説を行った。呉書記は今回の会議の成功を肯定し、全従業員がそれぞれの立場で引き続き努力し、新たな成果を生み出すよう呼びかけた。

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry

シンポジウムは、大きな拍手の中で終了しました。

百年の海の中で、当初の意図は変わっていない;30年後、創意工夫が沈殿しています。私たち金白鷺は、「中国のタングステン産業を強化し、世界の先進製造業を強化する」という使命を心に留め、現実的で革新的であることを堅持し、自己改善に努めます。私たちは新しい飛躍を遂げ、新しい高みに到達し、新しい章を書くと信じています!

Symposium on "Centennial Anniversary of the Founding of the Party, 30 Years of Ingenuity"——Striving to strengthen China's tungsten industry