筆は宇宙を歩き、墨は民族の風格を書く—第6期金鷺書道養成課程の活動

【簡単な説明】 5月24日、「筆は宇宙を経て、墨は国風を書く」をテーマにした第6回金鷺書道研修が始まった。コースは5月から11月まで行われます。例年に比べて、今年の授業内容には新しい要素が加わりました。「硬筆書道」です。学生たちは、今回の学習成果を実際の仕事や生活に活用し、学んだことを応用して学習を促進する好循環が期待される。

The pen walks the universe, the ink writes the national style - the activities of the 6th Golden Heron Calligraphy Training Course

5月24日、「筆は宇宙を経て、墨は国風を書く」をテーマにした第6回金鷺書道研修が始まった。コースは5月から11月まで行われます。例年に比べて、今年の授業内容には新しい要素が加わりました。「硬筆書道」です。学生たちは、今回の学習成果を実際の仕事や生活に活用し、学んだことを応用して学習を促進する好循環が期待される。

The pen walks the universe, the ink writes the national style - the activities of the 6th Golden Heron Calligraphy Training Course

1回目の授業では、書道の先生がまず、「書くことは書道とは違う」という基本的な考え方を教えてくれました。両者の最も重要な違いは、それが芸術的であるかどうかです。芸術の表現としての書道は、芸術的な道具や手段を用いて芸術を創造するプロセスです。同時に、書道の芸術は、個性の表示が含まれています。「言葉は人に似ている」という言葉がある。書体を見れば、その作家の性格や気質が想像できる。

The pen walks the universe, the ink writes the national style - the activities of the 6th Golden Heron Calligraphy Training Course

いくつかの基本的な学習アイデアと学習技術を説明した後、生徒たちは自分で練習を始めました。先生は常に注意を払って、いつでも生徒たちのペンを握る姿勢と筆遣いを指導していました。この過程で、学生たちはお互いにコミュニケーションをとり、お互いから学び、ともに成長していく。

The pen walks the universe, the ink writes the national style - the activities of the 6th Golden Heron Calligraphy Training Course

書道トレーニング活動を展開することにより、書道に熱中する学生に学習と交流のプラットフォームを提供し、漢字の書く能力を高めるだけでなく、書く過程で彼らのエネルギーを丹念に育成し、彼らの意志を磨くことができ、当社のために独特の文化的景観を形成した。