「私たちはシェフです」- 2022年のツールブランチの最初の文化体験活動は成功裏に完了しました

【簡単な説明】 従業員のアマチュア文化生活を豊かにし、多数の従業員を導くために、ツール支部は6月19日、「私たちは料理人です」というテーマで2022年第1回ツール支部文化体験活動を開催した。

 

従業員のアマチュア文化生活を豊かにし、多数の従業員を導くために、ツール支部は6月19日、「私たちは料理人です」というテーマで2022年第1回ツール支部文化体験活動を開催した。

今回の文化体験イベントの内容は、西洋料理の制作です。新東方先生の案内で、まず新東方料理職業訓練学校のキャンパスを見学しました。先生は西洋料理、中国料理、麺芸、砂糖芸に関する知識を説明した。シグネチャーバブルティーの作り方や、季節の野菜を使ったオーストラリアのステーキ作りを学びました。

 

「パールカジュアル」のミルクティーを一杯いかがですか

 

     

 

最初に立ち寄ったのは、飲料の生産エリア。先生はまず泡茶の製法と作り方を説明し、自分で泡茶の作り方を実演しました。理論的な知識を身につけた後、紅茶やミルクの重さを量ることから、砂糖を加えたり、氷を加えたり、かき混ぜたり、振ったり、最後に真珠やカップを加える練習に入りました。いろいろな工程を経て、特製のパールミルクティーをいただきました。今回の目玉は「パールプラス」で、お好みに合わせて「パールプラス」のミルクティーを飲み放題!

 

「こんなに厚い」ステーキがあるのか

 

   

 

  

 

2番目の停留所で、皆は西洋の食品の生産地に行きました。講師はまず、ステーキの種類、生産方法、注意事項などを説明した後、徐々に分解して、ステーキの生産過程を説明した。先生の指導のもと、みんなでステーキの炒めや野菜作りを一歩一歩完成させました。このセッションのハイライトは、「ステーキがこんなに厚い」ことです。ファーストフード店で食べられる薄いステーキとは違い、先生が作ったステーキの厚さは約4センチ。まさに「厚すぎる」ステーキだ。鍵はおいしいこと!

 

  

 

今回の文化体験活動を通じて、私たちは異文化を体験する机会を提供し、皆に西洋の飲食文化と中国の飲食文化の違いを体験させました。今回のイベントはとても実り多いもので、次の文化体験活働を楽しみにしています。さらなる驚きが待っています!