教育を愛する愛ある寄付——西紅堂小学校に対する当社の愛ある寄付活動を思い出してください。

【簡単な説明】 木を育てるには十年、人を育てるには百年かかる。教育は国家の活性化と社会の進歩の基礎であり、若者は国と国家の未来です。教育の発展を支援し、企業の社会的責任を果たすため、当社は厦門同安区教育促進協会に西紅堂小学校の公共施設建設のための慈善資金を寄付しました。

  木を育てるには十年、人を育てるには百年かかります。教育は国家の活性化と社会の進歩の基礎であり、若者は国と国家の未来です。教育の発展を支援し、企業の社会的責任を果たすため、当社は厦門同安区教育促進協会に西紅堂小学校の公共施設建設のための慈善資金を寄付しました。

  愛の寄付式は7月12日午前、西虹堂小学校で行われ、同社副総経理の鄒建平氏、総務部長の張内偉氏、社内の同僚らが出席した。

  

 

  寄贈式に先立って、教育局の指導者と鄒氏は西虹棠小学校の葉梧州校長を伴ってキャンパスを訪れ、学校運営の特徴とキャンパス文化を理解した。誰もが深く感銘を受け、西紅堂小学校の特徴的な教育と運営を高く評価しました。

  

 

 

  寄贈式では、会社を代表して鄒氏が西紅堂小学校に寄付小切手を贈呈し、学校を代表して葉校長が当社に「愛を持って教育に捧げる」の楯を授与しました。

  

 

  続いて、会社を代表して鄒氏が挨拶し、今回の寄付活動が企業の社会的責任の遂行と同安区の教育発展への当社のささやかな貢献であると紹介し、西紅堂小学校への感謝の意を表しました。長年にわたり当社従業員の子どもたちの入学問題を解決していただきましたことに深く感謝するとともに、西紅堂小学校が祖国のためにさらに多くの人材を育成できることを願っています。

  

 

 

  続いて、同安区教育監督センターの葉校長と林清湖所長がそれぞれ挨拶し、当社への今回の寄付に感謝するとともに、西紅堂小学校の今後の発展への期待を高めました。

  この寄付は、教育の発展に対する当社の愛、関心、責任を完全に反映しています。当社は長年にわたり、その優れた製品品質により、お客様の信頼に値するパートナーとして市場での評価を獲得してきました。同時に、企業の発展は都市の発展と運命を共にするものであると考え、発展の過程においては社会への恩返しも忘れません。厦門金陸は今後もあらゆる関係者と協力し、質の高い教育の発展に貢献していきたいと考えています。

関連ニュース