党委員会書記兼アモイタングステン工業会長の黄長庚氏とその代表団がBYDを訪問

【簡単な説明】 8月23日、黄長庚・党委員会書記兼アモイタングステン工業会長と呉高高・党委員会副書記兼総統が深センのBYDグローバル本社を訪問した。BYDグループ会長兼社長の王伝福氏と同グループ上級副社長兼富迪動力有限公司会長の羅宏斌氏がイベントに出席した。

  8月23日、党書記兼アモイタングステン工業会長の黄長庚氏と党委員会副書記兼国家主席の呉高高氏が深センのBYDグローバル本社を訪問した。BYDグループ会長兼社長の王伝福氏と同グループ上級副社長兼富迪動力有限公司会長の羅宏斌氏がイベントに出席した。

 

 

  黄長庚会長とその代表団はBYDグループの展示ホールを訪れ、新エネルギー車、エレクトロニクス製造、エネルギー貯蔵、鉄道輸送の分野におけるBYDの多様なレイアウトについて詳しく学びました。

 

 

  シンポジウムでは、双方は協力プロセスをレビューし、今後の緊密な協力について十分に意思疎通を図った。黄長庚氏は、アモイタングステンの3大産業であるタングステン・モリブデン、レアアース・新エネルギー材料、機構革新、技術革新の発展を紹介し、アモイタングステンの将来の発展計画を紹介した。

  王伝福主席は黄長庚主席とその代表団に歓迎の意を表明した。同氏は、双方がそれぞれの利点を最大限に活用して包括的な協力をさらに深め、相互利益とウィンウィンの結果を達成することへの期待を表明した。

 

  

 

  会談後、双方は車両引き渡し式も行った。

  

関連ニュース